初期フランドル派と言えば緻密な描写と怪奇趣味

初期フランドル画家一覧

カンピン(1375-1444)フランドル/初期フランドル絵画の草創期を飾る存在 ファン・エイク(1395-1441)フランドル/並外れた描写力と薄い溶き油の重ね塗りで透明感のある発色を実現、神の手をもつ男と称えられた ウェイデン(1399-1464)フランドル/激しい宗教的な感情表現、カンピン、ファン・エイクと共に初期フランドル派の三大巨匠 ボス(1450-1516)フランドル/分厚い絵具による怪異な作風が特徴、幻想的光景の創始者

ピックアップ作品

聖ウェロニカ/聖三位一体(1430年55歳)カンピン/フレマールの画家との呼称を生むきっかけとなった作品 アルノルフィーニ夫妻像(1434年39歳)ヤン・ファン・エイク/鏡を使った独創的な構図 最後の審判の祭壇画(1445-50年51歳)ウェイデン/画家の作品中最も大きく、荘厳で拡張高い作品 乾草車(1490-1500年50歳)ボス/無価値である富と快楽を追い求めることの愚劣さを表現
PAGE TOP